モリンガ

モリンガ 種 の蒔き方

モリンガ を 種 から育てる方法

モリンガは気温20度以上でしか育たない、寒さに弱い植物。
でも、20度超える時期には、しっかり育ってくれて、
観賞用や葉を食べるように育てることが出来るのです。
ということで、モリンガの種の蒔き方を動画でまとめてみました!

モリンガ をきちんと育てるポイント

◎モリンガの種はきちんと見分けて、中身の入っているものを植えること
   古いモリンガの種だと、中身がからの場合があります。
 種の真ん中を軽く握り、中身が入っているか確認してから、植えるようにしましょう。
◎水はけの良い土を使うこと
 モリンガが好むのは水はけの良い土。
 園芸店で売っている、野菜用の土よりは、ココピートがオススメです。
◎発芽までは、毎日水をたっぷりと
◎モリンガが成長して、30cm位以上になったら、数日に一度の水やりにする
◎日光の当たる野外で育てる
==================================
モリンガの葉っぱは、栄養成分の数が90種類以上のスーパーフード。
植物としては、普通の木の20倍二酸化炭素を吸収してくれる、
環境も守ってくれるスーパーフードでもあるんです。
是非、この夏モリンガで作るエコライフを楽しんでみてください🎵
◎在来種のモリンガの種の購入・ご質問はこちら

【オーガニック・無添加・フェアトレードのモリンガパウダー

 

コメントを残す

*