コラム

モリンガハーブティとパウダーが出来るまで②

朝早くに収穫された葉はすぐに工場へ運ばれます。
日が昇って暑くなる前に、工場に運んで選別をする。
これも美味しいハーブティーを作るポイントの一つです。
暑いところのモリンガなのに、
収穫した葉っぱを暑さから避けさせる理由は、
モリンガにたっぷりと含まれる酵素。

暑いと酵素が熱をもちはじめて、モリンガの葉が熱くなってしまい、
色も味も落ちてしまうんです。
栄養価が高いがゆえにデリケートな面も持っているモリンガ。

でも、そんなモリンガを熟知している生産者が
丁寧に作り上げるハーブティーは、栄養も味もモリンガ本来のまま。
美味しいハーブティーに仕上がります。

【オーガニック・無添加・フェアトレードの安心安全なモリンガハーブティー】

 

この記事を書いた人
山田麻樹(やまだまき)
GBA代表/モリンガホリスティックドクター
2004年、初めて行ったフィリピンで、その自然の豊かさと人の温かさに感銘を受け、それから13年間、ボランティア、観光、青年海外協力隊など様々な方法でフィリピンに関わり、2012年に本当のフィリピンを伝えるため、Girls, be Ambitiousを設立。モリンガを使った食品・化粧品を開発するとともに、モリンガを使った健康法美容法を研究、日本、フィリピン両国でセミナーを行い、モリンガの様々な活用方法と健康・美容効果を広めている。
Instagram     beautyコラム

コメントを残す

*