ココナッツオイル

夏のボディケア

ココナッツオイルの主成分ラウリン酸(母乳成分)はお肌を弱酸性に保ち抗菌作用もあるので、日焼けした時やむだ毛処理をしてお肌がカサついている時には、特におすすめのボディケアオイルです。

日頃のケアとしても、以外と乾燥しがちな膝・かかとの保湿オイルとして、またリンパマッサージ用のオイルとしてもお使い頂けます。

<ボディケアの方法>

紫外線をたっぷり浴びた日やむだ毛処理をして日など、

夜、お風呂上がりの清潔な素肌に塗って頂くと、お肌の回復に繋がります。

 

ココナッツオイルには、母乳成分のラウリン酸が約50%も含んでいるため、抗菌作用があります。
抗菌作用のほか、お肌を弱酸性に保つ作用、保湿効果もあるという優れものです。

 

コツ・ポイント

お肌のトラブルがある時にお使い頂くと、効果的です。

ココナッツオイルとは?

【オーガニック・無添加・フェアトレードの安心安全なココナッツオイル

 

 

この記事を書いた人
山田麻樹(やまだまき)
GBA代表/モリンガホリスティックドクター
2004年、初めて行ったフィリピンで、その自然の豊かさと人の温かさに感銘を受け、それから13年間、ボランティア、観光、青年海外協力隊など様々な方法でフィリピンに関わり、2012年に本当のフィリピンを伝えるため、Girls, be Ambitiousを設立。モリンガを使った食品・化粧品を開発するとともに、モリンガを使った健康法美容法を研究、日本、フィリピン両国でセミナーを行い、モリンガの様々な活用方法と健康・美容効果を広めている。
Instagram     beautyコラム

コメントを残す

*