「永遠の愛を誓う」フィリピンの国花:サンパギータ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、自分たちの国の花を知っていますか?

私は、日本の国花は”さくら”と思っていたのですが、さくらに加えて、菊も
国花にあたるそうです。
(きちんと日本法律で決められたものではない、とのこと)

ところで、フィリピンの国花というと、
サンパギータ(学名:ジャスミン サンバックJasmin Sanbac)という、
ジャスミンの仲間の花が国花です。

フィリピンではとても一般的な花で、
よくカトリックの教会で、サンパギータで作った花輪が
お供え物として売られています。

このサンパギータはジャスミンの仲間ということもあり
少し甘くてエキゾチックな香りがします。
この香りにハマってしまうと、虜になってしまいます。


サンパギータの花言葉は「永遠の愛を誓う」

サンパギータの名前が若者が恋人に「永遠の愛を誓う」という意味の
タガログ語「Sumpa-kita」に由来していることから、
花言葉も、「永遠の愛を誓う」という
とてもスイートでロマンチックな花言葉なのです。

更に花言葉が素敵なだけではなく、サンパギータの花は
エッセンシャルオイルにもなり、様々な効能があります。

サンパギータ精油の特徴

香りが強く、甘い優雅なフローラル系の香りが特徴です。
8000の花から1mlしか取れないため、溶剤抽出されるものが殆どです。

サンパギータ精油の基本データ
名前 サンパギータ Sampaguita
学名 Jasmin Sambac
科名 モクセイ科
抽出部位
抽出方法 溶剤抽出
ノート ミドル〜ベースノート
香り 【フローラル系】濃厚なフローラル調の香り。スペインジャスミンにグリーンノートが加わった香り。
主な成分 【エステル類】フェニル酢酸メチル(50%)、リナロール、ヘキシルシナムアルデヒド、βシトノネール、ジヒドロジャスモン酸メチル、ゲラニオール、ネロリドール、トランス-ネロリドール、酢酸1,1-ジメチル-2-フェニルエチル
体への効果 子宮強壮作用、抗うつ作用、神経強壮作用、鎮痙作用、鎮静作用、鎮痛作用、分娩促進作用、催淫作用、抗炎症作用、血圧降下作用
心への効果 抗うつ作用。心を落ち着かせ、リラックスさせる。                日常に喜びや美を見つけ、他人への愛情を思い出させてくれる。
肌への効果 皮膚強壮作用
その他 毛髪強壮作用

Girls, be Ambitiousサンパギータ精油の特徴

ワイルドクラフト(自然農法)で育てたサンパギータのみから抽出。
ジャスミンより柔らかく、華やかな香りで、
ジャスミンの香りが苦手な方にも好まれる香り。

皮脂に優しく、作用が穏やかな、モノテルペンアルコール類、
エステル系 の香り成分が多いため、アロマだけでなく、
手作りコスメなどにも、幅広く使える精油です。

Girls, be Ambitiousの精油コレクション

自然の恵みを最大限引き出した精油
在来種の種だけを厳選し
ワイルドクラフト農法(自然農)で
育てた植物を新鮮な状態で製品化しています。

シンプルですが、
大量消費の現代では取り入れない、
時間のかかる伝統製法をあえて採用し、
自然の恵みをしっかりと
味わえる素材をお届けします

◎精油コレクションはこちら

========================

Girls, be Ambitious ブランドホームページ

Girls, be Ambitious ショッピングサイト

Girls, be Ambitious 会社ホームページ

この記事を書いた人
山田麻樹(やまだまき)
GBA代表/モリンガホリスティックドクター
2004年、初めて行ったフィリピンで、その自然の豊かさと人の温かさに感銘を受け、それから13年間、ボランティア、観光、青年海外協力隊など様々な方法でフィリピンに関わり、2012年に本当のフィリピンを伝えるため、Girls, be Ambitiousを設立。モリンガを使った食品・化粧品を開発するとともに、モリンガを使った健康法美容法を研究、日本、フィリピン両国でセミナーを行い、モリンガの様々な活用方法と健康・美容効果を広めている。
Instagram     beautyコラム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする