ときめく2月の旅!花満開のルソン北部

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この前のコラムの続きですが、

毎年2月は、お花が満開のルソン北部でときめきの旅はいかがでしょう?

今回、2月にルソン北部に滞在が初めてで、ふと気づいたのですが、

フィリピン全体ではお花を見る機会があまりなく、

ヤシの木、マンゴーの木、モリンガ・・など、緑色の植物が生い茂っている風景が一般的なのです。

しかし、2月にはイロコスノルテ州のフェスティバルや、

バギオでのフラワーフェスティバルなどルソン等北部では様々な場所で、

フィリピンには珍しく様々な種類のカラフルなお花たちを見る機会が多く、

また新しいフィリピンの一面を体験できして、私もトキめいたひと時でした。

しかも、お土産に可愛らしい造花も買えて

女子力アップになったのではと、密かに期待した2月のルソン北部滞在となりました。

2月は気候も旅行に最適(涼しく、乾季で台風が来ない)なので、

2月のフィリピン旅行、特にルソン北部の旅行はお勧めです!

この記事を書いた人
山田麻樹(やまだまき)
GBA代表/モリンガホリスティックドクター
2004年、初めて行ったフィリピンで、その自然の豊かさと人の温かさに感銘を受け、それから13年間、ボランティア、観光、青年海外協力隊など様々な方法でフィリピンに関わり、2012年に本当のフィリピンを伝えるため、Girls, be Ambitiousを設立。モリンガを使った食品・化粧品を開発するとともに、モリンガを使った健康法美容法を研究、日本、フィリピン両国でセミナーを行い、モリンガの様々な活用方法と健康・美容効果を広めている。
Instagram     beautyコラム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする