モリンガ焼酎割で11月1日「本格焼酎と泡盛の日」を楽しむ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月1日は「本格焼酎と泡盛の日」って知っていましたか?
昭和62年に日本酒造組合中央会によって、
11月1日が「本格焼酎&泡盛の日」を制定されました。

毎年8~9月頃仕込みが始まり、その年の「本格焼酎ヌーボー」すなわち縁起のよい新酒が飲めるようになるのが11月1日前後だということから、その日に決まりました。

また全国の土地神様が出雲大社に集まるため留守になるので10月を神無月といいますが、11月1日は神様がお国へ帰るめでたい日に当たり、本格焼酎が毎年新しい芽を出す節日としてふさわしいといえます。この日が「いい月いい日」と読めるのも偶然ではないような気がします。

(出典:http://www.honkakushochu-awamori.jp/anniversary.html)

新酒の日本酒が飲める時期には、いろんな焼酎を楽しみたいものですね。

でも、お酒はお酒。飲み方や飲む量が多いと、二日酔いなど体に負担がかかってします。

そんな時には、「モリンガ焼酎割」

アルコールで失われる栄養成分をモリンガで補い、

二日酔い予防や次の日の体のだるさを軽減しましょう。

作り方はとっても簡単。

モリンガのお茶(Girls, be Ambitiousのモリンガハーブティ ティーバッグ1袋<2g>を1リットルのお湯に入れる)をお好きな焼酎を割って飲むだけ。

モリンガのお茶は、日本茶に似た味なので、「緑茶割」と同じ感覚で飲めて、

アルコールで失われる栄養成分をしっかり補ってくれます。

<アルコールで失われる成分>

• ビタミンA

• ビタミンB

• ビタミンC

• ビタミンD

• ビタミンE

• 葉酸

• ビオチン

• カリウム

• ナトリウム

• クロール

• 亜鉛

• カルシウム

• マグネシウム

あまり知られていませんが、アルコールを飲むと、

上記の栄養成分が失われ、また利尿作用で水分も取られてしまうのです。

なので、しっかりと栄養補給と水分補給が、お酒を楽しく付き合うポイントになります。

11月1日「本格焼酎と泡盛の日」 

今夜は、美味しい焼酎とモリンガと。楽しんでくださいね。

【オーガニック・無添加・フェアトレードの安心安全な

モリンガハーブティーモリンガ茶葉】

この記事を書いた人
山田麻樹(やまだまき)
GBA代表/モリンガホリスティックドクター
2004年、初めて行ったフィリピンで、その自然の豊かさと人の温かさに感銘を受け、それから13年間、ボランティア、観光、青年海外協力隊など様々な方法でフィリピンに関わり、2012年に本当のフィリピンを伝えるため、Girls, be Ambitiousを設立。モリンガを使った食品・化粧品を開発するとともに、モリンガを使った健康法美容法を研究、日本、フィリピン両国でセミナーを行い、モリンガの様々な活用方法と健康・美容効果を広めている。
Instagram     beautyコラム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする