モリンガオイルが出来るまでその① モリンガの種の収穫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モリンガオイルの原料、モリンガの種は、2月〜5月の乾季に出来る鞘から取れるんです。

写真でぶらーんと木に下がっているのが鞘。

最初は緑色の鞘ですが、熟して種が大きくなると、だんだんと表面が茶色に。

しっかり茶色に色づき表面が乾燥したら、収穫のベストタイミング。

急いで鞘を収穫してすぐにモリンガオイルに仕上げます。

雨季に入ってしまうと、鞘と種が水分を含んでしまい、オイルの品質が下がってしまう原因に。。

乾季の終わりに、一気に鞘を収穫する事一つにも、品質を高める工夫があるんです。

【女性の美活力を高める:モリンガブリリアントビューティーオイル

この記事を書いた人
山田麻樹(やまだまき)
GBA代表/モリンガホリスティックドクター
2004年、初めて行ったフィリピンで、その自然の豊かさと人の温かさに感銘を受け、それから13年間、ボランティア、観光、青年海外協力隊など様々な方法でフィリピンに関わり、2012年に本当のフィリピンを伝えるため、Girls, be Ambitiousを設立。モリンガを使った食品・化粧品を開発するとともに、モリンガを使った健康法美容法を研究、日本、フィリピン両国でセミナーを行い、モリンガの様々な活用方法と健康・美容効果を広めている。
Instagram     beautyコラム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする